あぶく review

 

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/02 23:18

週刊少年マガジン 39号 

FAIRY TAIL
プルー出てきた。マスコットキャラクタの存在として、別にあざとさは感じなかった(むしろちょっと嬉しい)けど、ネコの方はどうなるんだ。あれも立派なマスコットキャラだと思うんですが。
ああ・・・あと、主人公の名前が、”ハル”(春)と”ナツ”(夏)だということに今回ようやく気付いた。
この作者様、別の漫画も描いてるのかな? アキって出たっけ? フユは? ゲシとかトージとかどうだろう(すげぇ話が逸れてますよ)。

スマッシュ!
タッチみたいだなーと思った。
パジャマとベランダ、屋根1個挟んで気軽に移動ちゅーのが。
メインキャラたちの間で、甘酸っぱい青春三角四角関係を築きそうだ。それはそれで面白い。

エリアの騎士
監督が手のひら返したように良い人になってた。
いや、まぁ確かに私のような冷めた考えの読者が、今までの主人公(を応援する周囲の人間たち)を見ていると、「兄貴の真似ばかりさせるなよ」とつっこみたくなるのは山々だったので、個人的にはスッキリした。きっと監督は主人公自身が持つサッカーセンスを発揮してもらいたかったんでしょう。

Over Drive
わ・・・笑ってしまった・・・。すいません。これ笑う漫画じゃないですよね(失礼)。
神とか精霊とか、すごい領域の話だなー。自転車が神格化してるようだ。

ゴッドハンド輝
北見先生は、そんな危ない橋をのこのこ渡って行った慧のことを怒ってるんだろうなぁと思って読んでたら、えっ、むしろ兄貴に宣戦布告!?
四宮先生の帰りを皆が待ってるのか・・・やばい、フィルターが・・・何か変なフィルターが掛かる・・・! マガジンではあまり感じること無いのに、こういう半透明さ(腐れという意味で)。
しかし連絡ひとつ寄越せないとは。慧は一体、どういう状況に陥っているんでしょう。あー考えれば考えるほど、マジでフィルターが掛かりそうなんですけど。

新約「巨人の星」 花形
リアルタイムで観てた人間でないので良く分からないのですが、花形くんは本当に元々ピッチャーだったの? 肩壊れても、バットはフツーに振れるもんなんだろうか。・・・花形って変な髪形の子じゃなかったでしたっけ(何かと勘違いしてるんでしょう)。

涼風
こういう投げやり的で卑屈な一般人の、いわゆる”ごく普通の感情”というやつ、結構好きなのです。人間味があるキャラが好き。
好きなはず・・・なんです、けど、
なんでだろう、大和に限って言えば嫌だ!!(超矛盾)
お前はもっとシャキっとせんかー!!とアッパー食らわしてやりたくなるんです(笑)
だから今回の、女の子の明るい励ましのセリフの裏側に、何か黒いものを見てしまう私がいるんです。他の読者の方々は、どう見ているのかなぁ、彼の心情。

あひるの空
各キャラの役割分担を考えるというのは、漫画的で良い。バスケのポジションって正直よく分からないのですが、1人1人、何かしらの技術に特化していると面白いしなぁ。
あ、あと茂吉くん、美男子だと思いました。・・・あれ? 何で今号、フィルターがおかしいんだろう。

魔法先生ネギま!
学園要塞化企画。すでに魔法認識に片足踏み込んでるような気がしてならないんですが。
もうこの学校の生徒たちは、ちょっとやそっとの演出ではビビらなくなってきてるんだろうか。日々(脳が)鍛えられてるからか?
あーでも、釘宮さん、あっさりとビーム食らって戦闘不参加になってしまうのは勿体無い。他の人の武器防具を奪ってしまえっ。何でもアリっぽいし、しばらくこの企画で続きそうだし・・・。

エア・ギア
イッキ暴走。迫力ある一枚絵でした。
これはやっぱり、はこちゃん作成の(黒い感情込もった)玉繭だからだろうか。
唐突にナウシカのクライマックスを思い出した。吹っ飛ぶのか? 吹っ飛んじゃうのかリンゴ!?
あ、あと荊の玉繭というものがどういう仕組みなのかやっと分かりました。踵が浮いてる状態なのか、これ・・・体勢キツそうだ。

さよなら絶望先生
ラストのページ、無意味に全部読んだよ。疲れた。

スミレ16才!!
オヤジの反則技が面白かった。審判が両サイドに公平だったから、まぁスミレ側がかろうじて正義に見えた・・・いや、正義か、これ?(自問)
そりゃーずるいわ。コレとサッカーやりたくない気持ちも分かるってもんですよ(笑)

GetBackers-奪還屋-
久々に見た気がする雷帝。
本当は久々ってほどでも無いんですけど・・・最近、連発してたから、雷帝の珍しさつーか貴重度がどんどん下がって来てるというか。
何だかんだ言いながら、もう凄まじい激闘の末にずばっと快勝して欲しいかな。

少年無宿シンクロウ
いや・・・だから毎回、結構楽しみに読んではいるんですけど・・・やっぱり方向がわかんねぇ。

はじめの一歩
鷹村の真髄を見た。鷹村ファンには申し訳ないが、アホだ。この人は正真正銘の格闘馬鹿だ。

何ですかねー、全体的に39号のマガジン、楽しいんですけど。本当に何でだろう?
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abook2.blog58.fc2.com/tb.php/9-1ace1341
この記事へのトラックバック