あぶく review

 

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/09 00:27

週刊少年マガジン 27号 

トッキュー
2段階くらいすっ飛ばして同棲しちゃうのか、どうなんだ!? 
何か話はトッキュー自体と関係なくなってきている気もしますが、
いやこれはこれで面白いし、先が気になるんでガンガン続けて欲しいです。
お父さんが(妄想)障害に出てくる辺り、一瞬、涼風の怨念か何かかと。
・・・今、すごくドラマ化しそうだなーこれ。

ダイヤのA
慣れなのか、突然なのか。あの悪人面が最近、どうも可愛く見えてきた。
・・・重症かもしれません。
しかし御幸先輩が格好良いなー、この人活躍しすぎだ、ってぐらい(笑)

キスクラ
フィギュアスケートの漫画だということに気がつきました。

FAIRY TAIL
グレイがギルドに入った年齢が予想以上に若かった。もっと武者修行して辿り着いたもんだとばかり。
師匠の教えを忠実に受け継いだグレイが勝利、後味すっきりなバトルで良かったです。
デリオラはどうすんのかなー、再封印というよりかは、皆でボコって倒すのか。

あひるの空
地獄地獄言われる展開から、それと見えぬままに光明が射してる感じです。
クズ高が確実に強くなっている描写が、アフロ・・・いや千秋先輩から見えたのは素晴らしい。
どうしても千秋先輩のこと、脳内でアフロって呼んでしまうんですが。

涼風
お父さんがいよいよ障害になってきました。
でも今まで面と向かってキレてないからか(門前払いとかグーで殴るとか? どっちも古いのか?)いまいち深刻さが伝わんないですねー。
もうその手のトラブルは出尽くした感じが・・・一昔前の・・・いや、何だ、メロドラマな展開というか。

スクールランブル
結局丸く収まった、のか? スッキリした関係にはなったらしい。
ラストは、ありがちなオチなんだけれど面白かった。
そしてヅラ被ってるもんだから、トッキューのお父さんと重なってしまった。

ハンマーセッション
蜂須賀先生にも修行時代があったのか。
腰の低い彼は、何だか珍しいもの見ている気分になりました。
水城先生はセーラー服。この学校はセーラーじゃなかったような。ってゆか何処で調達したんだ。
いや・・・似合うからどうでもいいか!(いいのか)

ヤンキーくんとメガネちゃん
和泉くんはもしや足立さんの最大の敵になっていくんでは、と思っていたんですが、仲間入りでした。
しかも品川のライバルになりそうです。
でも、そうなると品川、勝てる場所が無いぞ・・・! 何てこった、頑張れ品川。
今後は生徒会が軸になってくんでしょうか。

ネギま
魔法の得意な夕映が戦闘をこなすキャラにレベルアップ。
あまり派手な動きをしていなかったキャラが、颯爽と動き回るのは見ていて楽しいです。
でも、その反動で今までバトルに特化していたキャラが埋もれちゃわないか、ちょっと心配。
委員長強い。連れて行っても問題ないんでは。

花形
せっかくのラブロマンスなのに、ここでもお父さん超障害。
ひたすら怖い☆父。恐いんじゃない、怖い。
化け物じみてて所帯臭さが全く感じられないんですが。限界突破して笑いが込み上げる感じ。
☆は日に日に幼児化している気がします。

ツバサ
何だかサクラちゃんみたいだなぁ、顔が。可愛すぎて(感想がキモイ)
どちらかを殺せという台詞は、まぁよく聞く類のものではあるんですが、その後の双子の無言のアイコンタクトは、さすがに切ないです。
この双子、入れ替わるのか、それともどっちかがどっちかを犠牲にするのかな。魔力吸い取るとか?

エア・ギア
イッキがガラスのハートを持つ少年のようです。こんなイッキ見たことない。本当に15の夜だ。
颯爽と助けに来たカズはなかなか格好良かった。しかし、どんだけ顔広いんだ。
そして小烏丸のアジトの存在、すっかり忘れてました。「ああ、そういやそんなところあった」みたいな。

オーバードライブ
何と燃えさかる炎が水を蒸発。もう、まさしくオーバードライブ。
ペルソナ・・・じゃない、凄い戦いになってきたなぁ。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abook2.blog58.fc2.com/tb.php/26-943cb0bb
この記事へのトラックバック
楓の ネギま!ニュース+177時間目感想ブログまとめ 「2007年6月6日」
・ネギま! ニュース●ネギま!? 公式サイト 「RELEASE」ページ更新!●さよなら絶望先生 「キャスト」更新! [すたちゃまにあ~STARCHILD WEB SITE~]公式でも発表されました。●☆ナナヒカリ☆イベントのお知らせ