あぶく review

 

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/20 23:35

週刊少年ジャンプ 51号 

BLEACH
ネルの兄貴分(?)の破面の子、トーテムポールに似ていませんか。
(・・・いや、まぁどうでもいいことなんですが。)
てゆかネル小っちゃすぎだ。一護と比較したら赤ん坊サイズですよ。
あと女の子だということを今知りました。そして何故か、一瞬死亡フラグが垣間見えました(縁起でも無い・・・)。

家庭教師ヒットマン REBORN!
前回のくだりから冒頭の話は大体読めたので、ツナが落ち込んで立ち直れなくなってしまったらどうしようかと思ってましたが、ちゃんと宣戦布告してくれて良かった。これぞ主人公ぽくてカッコ良かったです。
XANXUSの徹底的な悪役ぶりもむしろ清々しい。
ただ9代目の後継云々の話をもうちょっと欲しかったなぁ。いや、ね、要はツナをもっと褒めろと(笑)
伏線ありそうだったので、今後、きちんと語られるのを期待します。

ONE PIECE
そげキングとか素顔分かんないから。チョッパーの通り名が「わたあめ大好き」って。50ベリーでも賞金がかかるのか一応。そして左下の・・・左下の誰。
フランキーが仲間入りすんでしょうか。意外だけど意外でもないような・・・ただ、フランキーのようなキャラは麦わら一味に居ないなぁとは思いました。おっさん欲しいです。

NARUTO
シカマルは主人公サイド的な正しい考え方をしてますし、格好良いなぁと思いましたが、いや確かにカッコ良いんですが・・・どうしよう今回ばかりは綱手さんが普通にカッコ良い。
あー完全に憎まれ役だと分かってるので、尚更、綱手さんの味方をしてあげたい気持ちが。
あと、もういい加減、特訓風景に飽きました。シカマルサイドに盛り上がりを持って行かれちゃうよ。

銀魂
・・・最近モザイク多すぎませんか(笑)
ラストの辺、コマ割りが混ざっててよくわかりませんでしたが、某24時間詰め込みサスペンスドラマのように、重構造を狙ったんでしょう。
井戸から這い上がってくるヤツ(リング)みたい。って、今回本当に趣向がホラーなんですねぇ。

D.Gray-man
メイク取ったジャスデビの片割れが在りし日の神田に(以下略)
アレンが2戦目とは予想外です。でも、何だか敵方と服装が似てますねぇ。あのファー感が。

魔人探偵 脳噛ネウロ
弥子が一瞬ミステリアスな天才に見えました。一瞬。解いて欲しいな、パスワード。

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
マイケルなんて欧米な名前があったとは・・・アイビー姉さんは冷静沈着で敵ながらステキだと思いました。敬意を込めて姐さんと呼ぼう。・・・あ、毒島さんと被るか。
リオ師もエンチュも半マインドコントロールのように操られてるということですかー・・・つまんねぇ(コラ)
敵にも敵の美学が欲しいんですよねぇ。そういう意味でミックはひたすら敵っぽい理由を持っていて、で、ラストでちらっと人間味見せる辺りが潔い最期だなぁと思ったんですが。

エムゼロ
女の子のニューキャラクタの登場率は恋愛シミュレーションゲームのそれと良い勝負だ。
ん・・・? この恋愛シミュレーションのような展開、魔法カードという設定、学園、・・・も、もしやゲーム化を狙ってるんでは!?(アニメ化すっ飛ばした)

P2
熊と人智を超えた戦いを繰り広げる乙女さんがスゴイ。コナンで言う毛利蘭ちゃんのようだ。しかし彼女、水泳部じゃなかったか? いやもうこの際、空手部所属で良いんじゃないか。
あと熊(の着ぐるみ)の効果音が良いですね。「もふもふ」が・・・(そんな細かいところが)。
ゴツイ人が卓球。うん、確かに迫力はあるんだけどなぁ、何だろう何処か似合わない感が・・・
ちょっとばかしカワイイなんて思ってしまうのは・・・これが卓球の成せる技なのか。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abook2.blog58.fc2.com/tb.php/18-4e75b21d
この記事へのトラックバック